やがわ整骨院 ロータリー院ブログ

2018.01.24更新

○・*。●.。・*○・。●*.*。○・*。●.。・*○・。●*.*。○・*。●.。・*○・。●*.*。○・*。●.

 

おはようございます。受付です(´ω`*)

今日は昨日より気温も下がって寒くなりましたね~。

地面は大分雪も無くなってきていますが、凍っている所は滑りやすいのでご注意下さい。

 

今回は冬に起こりやすいこむら返りのお話。

ふくらはぎの筋肉が急にけいれんして強く痛むこむら返りですが、冷える冬場は特に起こりやすいそうです。

痛みを伴う筋肉のけいれんは、多くの人が経験されています。

運動時や就寝中などに起こることが多く、妊娠や加齢でも起きやすくなります。

ふくらはぎにある筋肉、腓腹筋(ひふくきん)で起きやすいため「腓(こむら)返り」と呼ばれ、足の裏や指、太ももなどでも起きます。

 

こむら返りが起きたらまず、つま先を体のほうにゆっくりと引き寄せて、アキレスけんを伸ばす。

壁に足の裏を押しつけて伸ばしてもよいそうです。

足の筋肉のマッサージや、足の指を大きく曲げ伸ばしするストレッチなどを習慣にすると予防になります(´ω`*)

 

ミネラルを多く含む食品を取ることもよいそうです(*´ω`)

運動時にこむら返りが起きやすい人は、こまめに水分と塩分の補給を。

「運動前にカリウムを多く含むバナナを食べる」のもよいそうです。

 

こむら返りは私も何度が経験がありますが、激痛は嫌ですね。

これからなりやすい時期なので、皆様、お気を付け下さい。

 

○・*。●.。・*○・。●*.*。○・*。●.。・*○・。●*.*。○・*。●.。・*○・。●*.*。○・*。●.

投稿者: やがわ整骨院 ロータリー院

  • 本院ブログ
  • ロータリー院ブログ
  • 天使のはねブログ