やがわ整骨院 本院ブログ

2012.12.31更新

こんにちは!やがわ整骨院です!この度ホームページをリニューアルさせて頂きました。これからもいろいろな情報を気ままですが発信していきたいと思います。これからもよろしくお願いします。

投稿者: やがわ整骨院 本院

2012.12.20更新

Q4.交通事故でむち打ちになりましたが、完治しますか?

むち打ちのダメージの大きさと個人差はありますが、一週間から半年ぐらいで快方に向かう方が多いです。
中には何年も苦しんで来られた患者さんが数回の矯正治療で完治した例もめずらしくありません。

投稿者: やがわ整骨院 本院

2012.12.20更新

Q3.小さな子供でも大丈夫ですか?

3才以下のお子さんから90才以上の方まで治療に来られています。

投稿者: やがわ整骨院 本院

2012.12.20更新

Q2.駐車場はありますか?

当院の南隣に2台駐車場を用意してあります。やがわ整骨院の看板のある駐車場をご利用下さい。

投稿者: やがわ整骨院 本院

2012.12.20更新

Q1.予約制ですか?

当院は予約優先制となっております。

投稿者: やがわ整骨院 本院

2012.12.20更新

スポーツ障害によって起こる故障には、「外傷」と「障害」とに分けられます。
「外傷」には瞬間的に外から力が加わったことが原因で起こる骨折、脱臼、打撲、捻挫、筋挫傷などがあります。
それに対し「障害」は外傷にくらべて身体に加わる外力は小さいが、同じ箇所に繰り返し外力が加えられると生じるものです。
 

スポーツ障害は中には、筋膜の癒着が原因で発症している痛みが多くあります。筋膜が癒着していると、血液の流れが滞るため、患部に痛みが生じるのです。当院ではその筋膜の癒着をはがす特殊な治療を行っています。

癒着をはがすことで患部に新鮮な血液を流すことで、驚くほど痛みが取れる場合があるのです。

スポーツを続けることによって起こる障害は多くのスポーツ選手を悩ませるものです。 外傷には早く試合に復帰できるように万全のケアを用意しています。

投稿者: やがわ整骨院 本院

2012.12.20更新

四十肩、五十肩とは肩関節周囲炎といい名前通り40代から50代の人が発症しやすいもので、肩の関節の周辺が炎症をおこします。五十肩は肩の関節に痛みを感じるのと肩がまったく動かない2つの症状があります。

五十肩だと腕を上下左右に動かすことができなくなり、痛みを感じるので動きが制限されてしまいます。酷いときは寝ている時や、何もしていない時でも症状を感じたり、 首や腕にまで痛みが生じます。


四十肩や五十肩は、残念ながら医学的には原因がつかめていないのが現状です。一般的な説としては、肩の関節の周囲に炎症が起こり、組織の癒着などによって痛みや動作の制限が起こるのではないかと見られ、医学的には「肩関節周囲炎」として診断されることが主です。その他にも、日常生活で肩のインナーマッスルが能力低下することによって筋力バランスが崩れていることがあります。

しかし、体はもともと自分で治す力『自己治癒能力』が備わっています。自己治癒能力が低下すると血液循環が悪くなったり、周囲の筋肉が固くなり、痛みがなかなか取れなくなる事があります。

当院ではスポーツトレーナーによる正しいトレーニングと、自己治癒能力を高めるたまの矯正治療によって
首や背骨のズレを正しい状態に戻し、症状を緩和させていきます。

投稿者: やがわ整骨院 本院

2012.12.20更新

現代の日本の男性が最も悩み、そして女性の多くが悩んでいるのが『腰痛』です。「立っていても痛い」「座っているだけなのに辛い」「ある角度に曲げると引っかかりを感じる」「生活の中の動き始めが痛む」等々、その症状や発生する状況は人によってさまざまです。

しかし、これらの方に共通していえるのは「治りにくい体になっている」(自己治癒能力の低下)ということです。

自己治癒能力が低下すると、一晩休むと治っていた疲労や痛みが治りにくくなり、時間の経過とともにそこをかばって他の筋肉や背骨に負担がかかり、新たな痛みが発生します。

人間の体の中で背骨は大事なものであり、自己治癒能力のメインともなるべき場所なのです。背骨のズレや歪みを正すことで、さまざまな症状が改善されます。病院を何ヵ所も回っても治らなかった症状が、数回の背骨の矯正治療で完治したという例もめずらしくありません。

投稿者: やがわ整骨院 本院

2012.12.20更新

 
肩こりの一番の原因は「筋肉の疲労」によるものです。「筋肉の疲労」とは首や肩の筋肉の血行が悪くなり、血液中の酸素や栄養が筋肉のすみずみに行き渡らなくなって、筋線維が硬くなってしまった状態のことです。
なぜそうなのか?

それは多くの場合、姿勢が影響しています。パソコンやデスクワークによってかたよった姿勢を長く続けていると同じ筋肉ばかりに負担がかかります。

そうすると筋肉の奥に走っている血管にも負担がかかり血流の流れが悪くなります。そういう状態になってしまうと疲労が回復しなくなります。そして、楽な姿勢を探して、どんどんかたよっていくことで首や肩の筋肉が疲労をおこし肩こりになってしまいます。

姿勢が悪くなりすぎると、症状が悪化し、頭痛や目の疲れ、手のしびれも発症する恐れがあります。病気から来る肩こりや頭痛もあるのでそれは専門の医療機関で検査する必要があります。

永く苦しんだ頭痛や肩こりから解放されたい方はやがわ整骨院へご相談下さい。

投稿者: やがわ整骨院 本院

2012.12.20更新

首に痛みのある人が最近増えてきています。特に若い女性が多いようです。長時間のパソコン作業等が原因の一つだと思います。
その他には肩こり、背中や腰の状態の悪い人に首の痛みは出やすくなります。また、首や背骨のズレや歪みの強い方も、急な寝違えなどで首の痛みが出やすくなります。

「動かすと痛む」「車でバックする時に後ろを見ると違和感がある」「腕や手にもシビレがある」などの症状の方も、首や背骨のズレや歪みを正すことによって自己治癒能力が回復し、症状の改善が期待できます。

個人差はありますが、矯正治療は永く苦しんでいた症状が短期間で改善したという方が多くおられます。是非一度ご相談下さい。

投稿者: やがわ整骨院 本院

前へ

SEARCH

CATEGORY

  • 本院ブログ
  • ロータリー院ブログ
  • 天使のはねブログ