やがわ整骨院 本院ブログ

2017.11.21更新

 

 

腰・ひざ・肩…冬の関節痛、なぜ起こる?

寒

こんにちは!やがわ整骨院です!

ここ最近は寒い日が続いていますね~!関節周りも痛い人がいるのではないでしょうか?

そこで今回は冬の関節痛です!ぜひてみてくださいね!

 冬になると悪化する腰やひざ、肩の関節痛…。


なぜ、冬になるとこういった痛みが増すのか、皆さんはその原因をご存じでしょうか?


関節痛の原因としては様々な要因がありますが、冬の寒い時期は、まず《血行不良》が挙げられます。


寒さによって血行が悪くなると、周辺の筋肉まで硬くなってしまうため、《腰》や《ひざ》《肩》といった、よく動かす部位にはいつも以上に大きな負担がかかってしまうのです。

        
 通常、骨と骨との間には《軟骨》があり、これがクッションの役割を果たしているため、痛みを感じにくいのですが、日頃から仕事やスポーツで、必要以上に体を動かしている方や、加齢によって《軟骨》がすり減っている方などは、冬場に関節痛を引き起こしやすくなるのです。


また、体重が1キロ増えただけでも、腰やひざにかかる負担はその3倍といわれています。関節や軟骨に余分な負担をかけないためには、肥満対策も重要なポイントといえるでしょう。

 


関節の寒さ対策としては、血行をよくするために、保温用簡易カイロ(ホッカイロなど)・保温用サポーターの使用や、入浴(温泉は最適ですが、ご自宅のお風呂でも十分です)がオススメです。

お風呂
入浴後のストレッチで縮んだ筋肉を伸ばしたり、関節の動きをよくしてください。


運動時には、準備体操などで十分身体を温めてから行い、筋肉や関節に負荷をかけすぎないことも必要です。
 

ぜひ体を温めて行きましょう!!

投稿者: やがわ整骨院 本院

2017.11.17更新

こんにちは!!!


やがわ整骨院の岡本です!岡本麺

 

今回は初めて投稿させていただきます!

ラーメンブログ岡本バージョンです!!

今回は先日の日曜日にセミナーの帰りに新大久保から歩いてラーメンを食べに麺屋武蔵本店へ行きました。

その名の通り店内には武士を感じるものが色々飾られていました。

醤油で柚子入ってる系のラーメンです。美味しくいただきました。

 

 

岡本麺

柚子にはリモネンという香り成分が入っていて皮膚に膜を張る作用があり、水分を逃さないため保湿効果があるそうです。

 

これからの季節乾燥するので柚子を食べていきましょう!

投稿者: やがわ整骨院 本院

2017.11.04更新

睡眠不足や睡眠障害で腰痛に? 免疫機能の乱れから痛みに敏感に……

腰

「睡眠」が急性腰痛(ギックリ腰)にも亜急性の腰痛にも影響を及ぼしている


 私たちは毎日<3分の1>を眠ることに費やしていいます。

いや、費やすことが理想だが、実際には満足に眠れていない人が多いのです。

また、日本人の5人に1人が睡眠に何らかの問題を抱えているとのことなんです。

 そして、日本大学医学部精神神経医学教授の内山真医師が発表したデータによると、睡眠に関連する経済損失は3兆5000億円にのぼるといわれている。

 経済損失の中には医療費の増大も含まれているが、病気と睡眠不足との関連は次々と明らかになっている。たとえば、アルツハイマー病、がん、糖尿病、精神疾患などは睡眠障害との関連性が論文で発表されました。

そして、腰痛に関しても睡眠不足(障害)との関連性が報告されています。

「睡眠」がギックリ腰や慢性腰痛に影響を

 たとえば、ギックリ腰に代表される急性腰痛――。

 2014年に発表された論文

「Poor sleep quality is strongly associated with subsequent pain intensity in patients with acute low back pain.」

によると、1246名に対して「睡眠」と「腰痛」の強さの関係性を調査した結果、「睡眠の質の低下と腰痛の強さは相関する」ことがわかりました。

 また、慢性腰痛に関する報告もあります。

2017年に発表された

「Persistent and developing sleep problems: a prospective cohort study on the relationship to poor outcome in patients attending a pain clinic with chronic low back pain.」

では、3カ月以上続く腰痛(慢性腰痛)患者682名に対して、睡眠の質と腰痛の改善度を半年にかけて調査しました。

 その結果、睡眠不足や障害があると慢性腰痛が治っていなく、睡眠がきちんととれていると腰痛は改善傾向にあることが判明しました――睡眠と腰痛の回復具合は関連していることが示唆されたのです。

 さらに2014年の研究「The bidirectional relationship between pain intensity and sleep disturbance/quality in patients with low back pain」では、腰痛と睡眠障害はどちらの方向にも関係があることが報告された。

 つまり、「睡眠障害が腰痛をより悪化させる」し「腰痛の持続が睡眠障害を引き起こす」というないようにもうけてとれます。

ただし、この研究は1週間という短期間なので、より長期的な調査が必要な内容ですが一つの参考になればと思います。

提供:三木貴弘

http://healthpress.jp/2017/10/post-3280.html

 

投稿者: やがわ整骨院 本院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

  • 本院ブログ
  • ロータリー院ブログ
  • 天使のはねブログ