やがわ整骨院 本院ブログ

2018.08.13更新

こんにちは!やがわ整骨院です。

夏季休診の為、健康通信も増量しておきますね!

今回は夏バテ予防にも役立つ鉄分摂取についてです!

ぜひご一読ください!!

 

★食事療法のすすめ ~鉄欠乏性貧血編~
                                        

鉄欠乏性貧血は鉄(Fe)不足が原因で起きる貧血で一般的にもよくみられます。食事が偏って鉄がしっかり摂れていない時、消化管から出血している時や月経などのよっても起きやすくなります。

ヘモグロビンをつくる鉄の摂取量を充足
赤血球の成分の約99%はタンパク質と鉄を材料とするヘモグロビンです。
日頃から鉄を多く含む食事を心がけ、貧血を予防することが大切です。
レバーや魚類など動物性の食品に含まれるヘム鉄は緑黄色野菜などに多い非ヘム鉄よりも体内への吸収率が15~20%と高く効率的です。
鉄とともにヘモグロビンを作るのに必要なタンパク質の十分な摂取が必要です。

ひんけつ

 

鉄の吸収を高めるビタミン類を多く摂取
貧血を緩和・解消するには、鉄やタンパク質だけではなく、これらの吸収を高める栄養素を同時に補給することも重要です。
ビタミンCには鉄の吸収をよくしてヘモグロビンの合成を助ける働きがあります。また、酢や柑橘類のもつ酸味や香辛料には、胃液を分泌させて鉄の吸収を高める働きがあります。

 ひんけつ

良質のタンパク質を含む食品
魚類、肉類、卵、牛乳、大豆等。
     

 

ひんけつ
貧血を予防し健康な体をつくりましょう♪
 鉄の多い食品をしっかりとる
 良質のタンパク質を補給
 ビタミンCも組み合わせて
 1日3食、栄養バランスに注意

鉄はサプリメントでも補給できますが、
毎日の食生活の中で補給し貧血にならない体をつくりましょう。

やがわ

 

投稿者: やがわ整骨院 本院

2018.08.04更新

やがわ整骨院本院は夏季休診いたします。


8/5~8/12まで休診いたします。


13日より通常通り診療しております。何卒よろしくお願いいたします。


ネットでも予約をお取りできますが、13日の週はかなり予約が混み合っており。

ネットでのご予約がお取りしづらい状況です。


お早めに診療予約をオススメいたします。よろしくお願いいたします。

やがっわ

           

投稿者: やがわ整骨院 本院

2018.08.04更新

こんにちは!やがわ整骨院です!今回の健康通信はおもしろい記事を発見したのでこちらをご覧ください♪

【熱中症予防&疲労回復&夏バテ防止】アスリートには冷やした甘酒がオススメ!

https://sports-crowd.net/detail.php?no=4075

やがわ

投稿者: やがわ整骨院 本院

2018.08.04更新

こんにちは!やがわ整骨院です!今回の健康通信はおもしろい記事を発見したのでこちらをご覧ください♪

【熱中症予防&疲労回復&夏バテ防止】アスリートには冷やした甘酒がオススメ!

https://sports-crowd.net/detail.php?no=4075

やがわ

投稿者: やがわ整骨院 本院

2018.08.03更新

こんにちは!やがわ整骨院です!

最近は猛暑で暑い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

仕事場や室内でずっと座っていることも多く体にも不調を来していませんか?

今回はそんな方達に〈大腰筋〉を使ったウォーキングを紹介します!!

ぜひご一読ください!

大腰筋

大腰筋ウォーキング

近年では、椅子に座る事が多くなっています。例えば、パソコン、スマホ、車の運転あるいは同乗、テレビ、ゲーム、読書、食事など、そしてリモコン、お茶菓子、飲み物などとりあえず必要な物を手元に置いて日常でどれほどの時間を座っているでしょうか!

座位は、リラックスした股関節屈曲位です。リラックスしているのは、股関節屈筋が抵抗(収縮)に対して作用していないためです。
この状態であれば、座ったときの胴体部の全重量は骨盤底にかかり、下肢は活動していない状態です。この姿勢が長時間保持されれば、血行、筋肉のコンディショニング、神経の反応でさえ阻害されてしまいます。

アメリカのある学会が調査したところ、
・ 1日6時間以上座る男性は3時間未満の男性と比較して死亡リスクが18%高い。
・ 1日6時間以上座る女性は3時間未満の女性と比較して死亡リスクが37%高い。
というデータも出ています。

この股関節屈曲位、即ち座位でかたまった筋肉を少し日々の生活で意識する事が大切になってきます。

皆さんは脚のつけ根はどこですか?そう問われるとほとんどの方が、青い丸の太もものつけ根をだと思っています。
確かに、骨格で見れば股関節のある場所なので間違いではありません。しかし、脚を動かす筋肉で見れば、赤い丸のところが正解なのです。

大腰筋

この筋肉は、大腰筋といって、インナーマッスルの代表格のような存在です。
大腰筋の始まりは、みぞおちのあたりで、そこが脚のつけ根と意識して歩いてみて下さい。ここを意識することで、歩幅が大きくなり、歩くスピードも増します。また骨盤の歪みも調整され姿勢も良くなります。

慣れてきてピッチを上げれば、血行も良くなり、腹筋も鍛えられ、体幹も強くなり、腰痛改善や転倒防止にも期待できますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

やがわ

 

投稿者: やがわ整骨院 本院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

  • 本院ブログ
  • ロータリー院ブログ
  • 天使のはねブログ