やがわ整骨院 本院ブログ

2018.03.03更新

やがわ整骨院健康通信3月号

 

 

こんにちは!やがわ整骨院です。

今回はスポーツをされる患者様の中でも実は多い疲労骨折についてです!ぜひご一読下さい!

 

疲 労 骨 折

疲労

通常、骨折は骨に強い力(転倒・落下・衝突事故など)が加わることによって発生します。


これとは違い、骨が耐えられる程度の力が繰り返し加えられることで生じるのが『疲労骨折』です。

金属を同じ部分で何度も曲げ伸ばしすると、ある時点でポキッと折れることがありますね。

いわゆる金属疲労と同じ原理で起こるのが疲労骨折なのです。

ランニングやジャンプなど、繰り返し同じ箇所に負荷のかかる運動をするスポーツ選手に多くみられます。

おもにスネの骨や足の甲の部分に発生します。

通常の骨折に比べると痛みが少ないため、骨折だと気づかなかったり、放置してしまう人もいます。

何日も痛みが続くため、診察を受けてみたら疲労骨折だったという方もいます。

治療法は安静にすることが第一。

ほとんどの場合、あて木やギプス固定をしなくても、数週間から数ヶ月の経過観察で自然に治ります。

 

ただし、痛みが少ないからといって練習を続けたり無理をすると、悪化したり治りが遅くなりますので、
軽く考えずにきちんと指導を守って治療することが重要です。

矢川

 

 

投稿者: やがわ整骨院 本院

2018.02.01更新

こんにちは!

やがわ整骨院です!今月は腰痛にフォーカスしてみました!

東京都国立でも-8度を記録した極寒のこの時期に起こりやすいのはぎっくり腰【急性腰部捻挫】と呼ばれる腰の痛み!

もちろん持続的や繰り返しの動作で発生する足で起きる疲労骨折の腰版の腰部痛にも今回の予防は役に立ちますので、

ぜひご一読下さい!

以下内容です。

こし

腰部痛予防の17ヶ条
~腰部痛にならないために~ 

1.正しい姿勢を維持する。
腰を痛めないようにするには、なんといってもよい姿勢をとることが大切です。


2. 腰から足を冷やさないようにする。
体を冷やすと筋肉の働きが悪くなり、腰痛を再発しやすくなります。


3. できるだけ中腰にならず中腰でいる時間を極力短くする。
中腰になる時は、足を揃えず前後にずらすと、腰にかかる負担が少なくなります。


4.運転時は、特に姿勢に注意する。
シートを倒しすぎると腰への負担が大きくなります。また、ハンドルに近づき過ぎて運転するのもよくありません。


5.ふかふかのソファーや柔らかすぎる椅子に座らない。
腰を丸めてしまい腰の筋肉を強く伸ばしてしまうのと椎間板に高度な負荷がかかってしまう為。

6.やわらかすぎる寝具に寝ない。
寝返りが出来なくなると痛みの発生リスクが急上昇!寝返りしやすい柔らかさがベスト!

7.座るときに、脚組みはしない。
左右の骨盤の高さが変わってしまいます。腰への影響が強くなってしまいます。

8.横すわりやあぐらはできるだけしない。
床や畳に座る際は、正座をおすすめします。正座が一番腰にやさしいのです。

9.高いヒールやサンダルは極力履かない。
非常に不安定で、転ぶ可能性も高くなります。
重心も前になる為、強く腰の筋肉を使ってしまいます。

10.かかとを踏んで靴を履かない。
歩くたびにかかとからの衝撃が腰を襲います。

11.丈の長い靴下を履く。
ショートソックスでは足元から体が冷えてしまいます。
特に女性は冷えやすいのでお気をつけて!

12.コルセットや『さらし』を上手に利用する。
家事や作業時に予防的に装着するとよいでしょう。
コルセット着用での筋肉量は減らないというデータもアメリカで出ています。

13.腹式呼吸を取り入れる。
腰痛予防にも健康維持にもおすすめします。
お腹の深部の筋肉が作用すると不意な動作での腰の痛み発生リスクが軽減します。

14.力を入れるときは、息を吐きながら行う。
上記と同様にインナーマッスルに刺激が入る為予防につながります。

15.上手に掛け声、気合いを使う。
意識をして体を使うと腰痛予防になります。声を出すことで、脳にも注意させるのです。

ヨイショ!!せーの!!どっこいしょ!!など!!

16.何でも自分一人で動かそうとしない。
上手に周りの人の力も借りましょう。
職場や家族の接点も作れますよ♪

17.作戦を考えて重量物を持つ。
段取り八分といいます。腰を痛めない作戦をその場に応じて考えましょう。

 

 

腰痛にならないためには、これらに注意して生活しましょう。腰痛は予防が大事です!
それから、ウォーキングやハーフスクワットなど軽い運動もお忘れなく!

投稿者: やがわ整骨院 本院

2018.01.22更新

こんにちは!やがわ整骨院です!

今日はが降っていて寒く筋肉も縮こまってきて関節や靱帯、筋肉などを痛めやすくなっていますね!

皆さん、準備運動は出来ていますか?

もし出来ていないようなら怪我のリスク大ですよ!

 

そこで今回は

「準備体操(ストレッチ)をしよう」です!

ぜひご一読下さい!

 

ストレッチ
 
準備体操(ストレッチ運動)はスポーツをする上で欠かせないものですが、面倒と感じて一切行わない人も少なくありません。
準備体操をしないまま運動をすると、思わぬケガやスポーツ障害を引き起こす原因となる場合があります。
特にアキレス腱の断裂や足首の捻挫など、腱や筋肉のケガを起こしやすくなります。
これらは準備体操でよくほぐしておかないと、急な運動に耐えられない部位なのです。

準備体操の心得・・・
準備体操を行う際には、いくつか注意しておくべきことがあります。

1、「丁寧に行う」
準備体操が面倒と感じても、身体をいたわるためには、必ずやっておかなければなりません、丁寧に行うことが重要です。

2、「力を入れすぎない」
準備体操は、身体を運動に適した状態に持っていくために行うものです。力を入れすぎると逆に痛めてしまう恐れがあります。

 

準備体操は、運動能力を充分に引き出すと同時に、スポーツ障害を予防する対策の一つです。
一般の人でも、起床時や1日の仕事の始まりなどで、簡単な準備体操を行うと良いでしょう。
一日の体の動きが良くなりますよ!ぜひお試しください。

 

腰痛や肩こりのある方も、積極的にストレッチ運動に挑戦してみてください。
ただし、痛みが強い時期は行わないほうが良いかもしれません。

 

準備体操(ストレッチ運動)の方法はご遠慮なくお尋ねください。

よろしくお願いします。

やがわ

投稿者: やがわ整骨院 本院

2018.01.15更新

こんにちは!やがわ整骨院の安田です!


だんだん食レポになってる気はしますが笑


今回は牛カツです!

 

2018/01/14に新宿で長いお付き合いの同じ柔道整復師の永吉先生とイロイロなお話をしてきました!治療法の話や医療の最新情報など様々なお話ができてとても有意義な日でした!

カツ

そして

 

その時に新宿西口大ガード近くにある牛カツ専門店勝牛さんにお邪魔して牛カツを食べてきましたー!

カツ

この牛カツ、中は赤身でほぼ生でいただけるもので食べたら牛の柔らかな食感が広がりとても美味しかったです!3つのソースと塩胡椒につけて頂いたのですがどれも全て一級品!うまい!!ご飯はお代わり自由なのでコメ食い虫さんはたまりませんね!!

かつ

店員さんも素敵な笑顔で素晴らしいお店でしたね!皆さんぜひ一度足を運んでみたらいかがでしょう?
ではまたー!

下記に情報が載ってますよ!

https://loco.yahoo.co.jp/place/g-_yyc7ibRrHQ/…

#勝牛#牛かつ#激うま#ながよし整骨院#会談#実はスタバも行ってました!#クラニオ#スポーツ活法

投稿者: やがわ整骨院 本院

2017.12.25更新

野球肘について

こんにちは!やがわ整骨院です。今回は寒い時期に入ってスポーツで投げる動作を行うアスリートも増えてきたと思います。

ひじ

実はこの時期に投球動作に問題がある人は肘館に痛みを訴えることが多くなります。

そこで今回は肘の内側の痛みで内側上顆炎と呼ばれる通称野球肘についてです!

野球肘とは?》
当たり前のようですが、野球やソフトボールなどで、ボールを投げる動作により野球肘になる可能性があります。

ひじ

バットをいくら振っても、野球肘になることはありません。程度にもよりますが、肘を痛めている選手でも、素振りやバッテングでは問題がない場合が多いようです。

通常、ピッチャーの投げ過ぎや不自然なフォームでの投球が原因になることが多く、もって生まれた骨格などの影響によるものも少なくないと言われています。

日本臨床スポーツ医学会によると
・小学生の場合、1日50球以内・週200球を超えないこと。
・中学生の場合、1日70球以内・週350球を超えないこと。
・高校生の場合、1日100球以内・週500球を超えないこと。
と、提言されています。

発症率は、ピッチャーが群を抜いて高いのですが、ほかのポジションでも起こりますので注意が必要です。

 野球肘は、進行すると肘の周囲に炎症を起こし、最終的には骨の一部剥離(はくり)を起こすこともあります。しかし、この野球肘の始まりは、軽い筋肉痛や肘の疲れの積み重ねによるものです。

 

最初から強い痛みが出たり、肘が動かなくなったりするわけではありません。

 

野球肘は、選手生命を絶たれてしまうことも少なくない、重篤なスポーツ障害の一つです。プロ野球やハイレベルアマチュアの世界でも、肘のトラブルに悩んでいるプレーヤーは数多くいます。

 

 

特にリスクの高いのは、小・中学生です。初期の段階では、数回の通院で軽快することが多いので、違和感や軽い痛みを感じたら先ずは早期治療が重要です!!

詳しいことは、当院にご相談ください。

やがわ

 

 

 

投稿者: やがわ整骨院 本院

2017.12.22更新

こんにちはー。

やがわ整骨院の岡本です。

岡本麺ブログ略してオカメン!

2017/12/17に療養費取り扱いの勉強会の帰りに

今回は西日暮里から徒歩10分位のつけ麺店

その名も「つけめんブームの火付け役」つけめんTETSU 千駄木本店!

にいってきましたー。

おかんめん

店内は古き良きラーメン屋さんぽい感じの私好みの店構え!

 

 

そして、豚骨スープに煮干し、鰹節、鯖節の魚介系スープを合わせた濃厚豚骨魚介スープ!おかめん

TETSU専用粉!を使った、小麦の香りとモチッとした食感が味わえる「至極の麺」は相性抜群!

帰りに総院長と左治木先生と頂きました。

おかめn
単純にうまい。
焼豚厚い。
麺モチモチーでシメのスープ割。

しかも!そこへ、、、、『焼き石』を入れてスープを再加熱。

おかめん

あつあつのスープで寒い季節にピッタリな体温まる一杯でした。

ごちそう様でした。
ではまた!

投稿者: やがわ整骨院 本院

2017.12.18更新

年末年始のお知らせ

12月31日()から
1月4日()まで休診致します

※12月30日()は二時まで診療致します。よろしくお願いいたします。

やがわ

投稿者: やがわ整骨院 本院

2017.12.18更新

寒冷療法温熱療法

 

こんにちは!やがわ整骨院本院です!

最近はやたら寒い日が続いていますが皆様体調は崩されていませんでしょうか?

そこで今回は温熱療法と寒冷療法について

お話ししていきます!

温熱
寒冷療法…患部を冷やす治療です。(冷たいシップ・アイスパックなど)
アイシング 
冷やすことで炎症を抑えたり、痛みの感覚を鈍らせたり、筋肉のつっぱりを軽減させたりします。
 大切なのは「急性期の炎症がある場合に行う」治療であることです。
 患部が熱をもっていたり、赤く腫れていたりする時は、この寒冷療法を行う目安になります。(たとえば、カゼで熱があるときに、氷まくらや氷嚢を使うのと同じです)

温熱療法…患部を温める治療です。(温かいシップ・温泉治療など)
 おんねつ
慢性期の痛みを緩和したり、関節の拘縮(動きの制限)を改善したり、筋肉の緊張を解くために行います。
 当院では、以下のような温熱療法があります。
ホットマグナー」:温めたパックと振動に磁気で患部に血液を集めて温める。
遠赤外線療法」:遠赤外線で体の深部まで温める。
 ご家庭では入浴によって温めたり、使い捨てカイロで患部を温めたりするのが効果的です。

<注意点>
 急性炎症や外傷の急性期には症状を悪化させることになるので行ってはいけません。
 一般的に、肩こりの場合、慢性的であることが多いので「温熱療法」が効果的でしょう。
 ただし、肩こりは慢性的であっても一時的に痛みが増悪したり、つっぱり感が悪化したりする場合は「寒冷療法」もよいと思います。

大切なのはコレ

急性期の炎症 → 「寒冷療法
慢性期の症状 → 「温熱療法

ぜひ、目安にしてくださいね。

 

投稿者: やがわ整骨院 本院

2017.11.21更新

 

 

腰・ひざ・肩…冬の関節痛、なぜ起こる?

寒

こんにちは!やがわ整骨院です!

ここ最近は寒い日が続いていますね~!関節周りも痛い人がいるのではないでしょうか?

そこで今回は冬の関節痛です!ぜひてみてくださいね!

 冬になると悪化する腰やひざ、肩の関節痛…。


なぜ、冬になるとこういった痛みが増すのか、皆さんはその原因をご存じでしょうか?


関節痛の原因としては様々な要因がありますが、冬の寒い時期は、まず《血行不良》が挙げられます。


寒さによって血行が悪くなると、周辺の筋肉まで硬くなってしまうため、《腰》や《ひざ》《肩》といった、よく動かす部位にはいつも以上に大きな負担がかかってしまうのです。

        
 通常、骨と骨との間には《軟骨》があり、これがクッションの役割を果たしているため、痛みを感じにくいのですが、日頃から仕事やスポーツで、必要以上に体を動かしている方や、加齢によって《軟骨》がすり減っている方などは、冬場に関節痛を引き起こしやすくなるのです。


また、体重が1キロ増えただけでも、腰やひざにかかる負担はその3倍といわれています。関節や軟骨に余分な負担をかけないためには、肥満対策も重要なポイントといえるでしょう。

 


関節の寒さ対策としては、血行をよくするために、保温用簡易カイロ(ホッカイロなど)・保温用サポーターの使用や、入浴(温泉は最適ですが、ご自宅のお風呂でも十分です)がオススメです。

お風呂
入浴後のストレッチで縮んだ筋肉を伸ばしたり、関節の動きをよくしてください。


運動時には、準備体操などで十分身体を温めてから行い、筋肉や関節に負荷をかけすぎないことも必要です。
 

ぜひ体を温めて行きましょう!!

投稿者: やがわ整骨院 本院

2017.11.17更新

こんにちは!!!


やがわ整骨院の岡本です!岡本麺

 

今回は初めて投稿させていただきます!

ラーメンブログ岡本バージョンです!!

今回は先日の日曜日にセミナーの帰りに新大久保から歩いてラーメンを食べに麺屋武蔵本店へ行きました。

その名の通り店内には武士を感じるものが色々飾られていました。

醤油で柚子入ってる系のラーメンです。美味しくいただきました。

 

 

岡本麺

柚子にはリモネンという香り成分が入っていて皮膚に膜を張る作用があり、水分を逃さないため保湿効果があるそうです。

 

これからの季節乾燥するので柚子を食べていきましょう!

投稿者: やがわ整骨院 本院

前へ 前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

  • 本院ブログ
  • ロータリー院ブログ
  • 天使のはねブログ