やがわ整骨院 ロータリー院ブログ

2017.05.30更新

 

こんにちは!院長です!

 

暑い日が続いていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?もう、子供達の日焼けも始まっていますね!

 

今日は、筋膜、筋膜はがし、筋膜リリースについてお話ししたいと思います。

 

まず、『筋膜』ですが、種類があります。一番深いところから、筋繊維を覆う筋内膜、筋束を覆う筋周膜、筋肉全体を覆う筋上膜と深筋膜、身体中の皮下脂肪の中に入っている浅筋膜。

 

筋膜

 

う~ん・・・色々ありますね・・・

 

人間の体は様々な膜で包まれているので、筋膜と言ってもこれだけの種類があります。

 

じゃあ、大事なのは何?と言われると、『深筋膜(筋上膜)』です!

 

筋肉全体を覆う深筋膜は、筋肉一つ一つを個別化しています。言うならば、「ウインナー・ソーセージの皮!!」

 

筋膜と筋膜の間にはヒアルロン酸などの潤滑液が流れています。筋膜が癒着を起こすと膜どうしが滑らなくなり、筋肉自体の動きが悪くなってしまいます。

 

冷凍されたソーセージどうしの皮がくっついた状態ですね!

 

また、筋肉は力を入れて収縮すると、筋膜が風船の様に伸びて太くなりますが、筋膜が硬くなると、太くなれずに筋力低下を起こします。

 

そこで、筋膜はがしで筋肉の癒着をそっと取っていきます。

 

すると、筋膜の隙間に潤滑液が流れ込み、滑りが良くなって関節の動く範囲が広くなります。

 

筋膜はがしは癒着を取ることであり、筋膜を筋肉からぺリぺリはがすこととは違うんですね。

 

筋膜はがし②

 

写真は格闘技をやっている男性ですが、治療後はパンチを打ちやすくなり、肩の可動域が広くなったため、リズムがとりやすくなりました。

 

運動されている方だとこの程度ですが、より固まっている方はさらに赤くなります。

 

他にも、女性の肩こりの方や、背中や肩が回らないなどの、関節の動きの硬さによって起こる症状は改善しやすくなります。

 

筋膜リリースは、ストレッチのような手技で筋膜を伸ばしていきます。

 

ヨガなどでも、筋膜リリースは行われます。

 

筋膜は自分では動けないので、動かしてあげることが大事ですね!!

 

投稿者: やがわ整骨院 ロータリー院

  • 本院ブログ
  • ロータリー院ブログ
  • 天使のはねブログ