やがわ整骨院 ロータリー院ブログ

2018.05.01更新

おはようございます。院長です。

新緑がまぶしい季節になりましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は「ぎっくり腰」についてのお話をお届けしたいと思います!

 

あっ!と思った瞬間に腰くだけになる。海外では“魔女の一撃”わが国では“ぎっくり腰” とよばれ、20代から50代に多く、ほんのちょっとしたきっ

かけで突然腰に激痛が起こります。

重いものを持ったり、かがんだり、腰をねじるなどの動作が引き金になります。


 
痛みが起こる原因 は、腰椎関節のねんざや、じん帯の軽度の損傷、関節周囲組織のめくれやねじれによるものです。

症状の程度には個人差があり、物につかまりながら何とか動ける人もいるし、強い痛みのためにほとんど動けなくなる人もいます。

しかし、少し前かがみになったり、ひざを曲げて横向きで寝るなど、痛みが楽になるという姿勢が必ずあります。つまり、ぎっくり腰であれば、しば

らく安静を保っていると、痛みは徐々に軽くなります。

 

ただし、注意しなければならないこともあります。急な強い痛みが必ずしもぎっくり腰とは限らないことです。

症状として腰に激痛が現れる病気もあります。目安としては、どんな姿勢をとっても楽にならない・発熱を伴う・冷や汗が出る、といった症状がある

場合は、非常に重大な病気の場合もありますので、なるべく早く当院にご相談ください。

 

『一度ぎっくり腰になるとクセになる、という話をよく聞きますが本当ですか?』


ぎっくり腰を繰り返す人が見られるのは確かで、ある意味クセになるといえるでしょう。これ

は、その人の生活習慣(行動パターン)がぎっくり腰を起こしやすい動作を繰り返していることや、過去に傷めた腰の関節が、ゆるみやすくなってい

るため、筋力低下によって発症しやすくなると考えられています。

 

再発を予防するには・・・


腰を支える腹筋や背筋の筋力と柔軟性をアップするために、“適度な運動・ストレッチ”を習慣づけましょう。また、疲労回復のために“適度な休息”もと

りましょう。

 

ぎっくり腰

投稿者: やがわ整骨院 ロータリー院

  • 本院ブログ
  • ロータリー院ブログ
  • 天使のはねブログ